即日融資パーフェクトガイド│急な出費を解決させる!

@「即日融資」可能な商品

 

「即日融資」可能な商品とは、カードローンやキャッシングなどの「無担保・無保証・非目的型」の融資商品に限られます。
これらの商品では、提出する必要書類も少なく、その分もともと審査に時間を必要としません。
各社では審査に「スコアリング形式」を導入しており、収入・勤務先といった審査項目を点数化することで結果を出すようにしています。
いわば「可・不可」がはっきりしている分、時間も必要としないのです。

 

その他の融資商品、例えば、住宅ローン、カーローン、教育ローン、おまとめローンといった「目的型」ローンでは、融資申込の際の必要書類も多くんなり、その分審査も時間が必要となります。
参照元:http://xn--t8j0c1cn45ceb0d.rgr.jp/
最低でも数日間の日数は要しますが、これらのローンを利用する場合には、多くは時間的余裕があるケースではないでしょうか。
「即日融資」を必要としないケースで利用されることが多い商品といえるでしょう。

 

 

銀行などが取り扱っている「フリーローン」はどうでしょうか?
「フリーローン」とは、ある目的に応じた融資を受ける商品です。
例えば楽器購入・結婚費用といった特定の目的を明示して申込を行います。
フリーローンでは、「即日融資可能」としている銀行も存在していますが、基本的には数日間の余裕をもつようにしておきましょう。

 

個人ローンとは違って法人融資の場合には、相応の時間が必要となることが多くなっています。
事業資金の審査は、確認する書類も多く、その分審査結果を出すのにも時間を必要とします。
特に初めて融資を申込む「新規先」は、最低でも数日は必要となるでしょう。
「どうしても手形の決済資金が間に合わない!!」
「取引先が突如倒産してしまし、運転資金が不足してしまった!!」
法人融資においても早急な資金需要は起こりえますが、多くの場合は時間がかかることを覚悟しておきましょう。

 

A審査がスムーズに進むこと

 

「即日融資」可能な商品であっても、審査に時間がかかってはその日に融資を受けることはできません。
「審査に時間がかかる」とは、「審査担当者が判断に迷う」ということを意味しています。
審査にかかる時間は、提出書類の多さとともに、申込者の属性に大きく影響を受けます。
返済能力に問題ない属性であれば、審査結果もすみやかに回答することができます。
収入・勤務先・他社の借入状況などの審査項目と、申込金額にバランスが取れていれば、十分即日融資を受けることが可能です。

 

逆に返済能力になんらかの問題があった場合は、担当者としてもすみやかに回答するわけにはいきません。
属性の確認作業に時間がかかり、審査結果を回答する時間も必要となるでしょう。

 

申込内容の確認にも時間がかかることがあります。
記載された住所や勤務先の確認がとれなければ、それだけで審査が前に進みません。
単純に記載間違いであっても、その間違いが確認できなければ審査を進ませることができないのです。
担当者の質問にはすぐに答えることができる体制をとるとともに、急いでいる方ほど申込は慎重に行うようにしましょう。

 

また審査では勤務先に対する「在籍確認」が行われます。
「在籍確認」とは記載された勤務先に確実に勤務していることを担当者が電話で確認する作業です。
この電話では必ずしも申込者と直接話をする必要はありませんが、確認できなければ審査結果を回答することができません。
勤め先で外部の電話をつながないようにされているケースなどでは、あらかじめ担当者にその旨を伝えておくようにしましょう。

 

B申込時間帯

 

いくら「即日融資」可能といっても、深夜に申し込んでその日に融資を受けることはできません。
即日融資を受けるには、申込を行う時間帯にも注意しましょう。

 

最低でも平日の14時、できれば平日の12時までにはすべての手続きを完了させておく必要があります。
土日・祝日の申込は即日融資不可としている先が大半ですので注意しましょう。

 

とくに融資金を指定した金融機関の口座を通じて受け取る場合には、金融機関の振込対応可能時間帯までに審査が完了する必要があります。
そのメリットはたいてい平日の14時となっていますので、間に合うように早めの対応が必要となります。
各社のホームページ上には即日融資を可能にするおおまかな時間帯が明記されていますので、あらかじめ確認しておき、余裕を持って行動するようにしましょう。

 

「即日融資」を取り扱っている金融機関では、金利や借入金額などの借入条件が異なっています。
急いでいるあまり「即日融資可能!!」といった宣伝文句だけに目がいってすぐに申込を行うことはおすすめできません。
できるだけ多くの情報を集め、自分の借りる目的、返済計画、今後の人生プランに応じた最適な先を選択するようにしましょう。

こんな時即日融資が役に立つ!!!

「融資を受けるには、どうしても時間がかかるもの」
多くの方が、このように思われるのではないでしょうか。
しかし、長い人生の中では早急にまとまったお金が必要な場合があります。
急な病気や怪我、冠婚葬祭、飲み会の誘いなどで手元のお金が不足する場合、なんとかしてお金を借りることを考えなくてはいけませんが、融資を受けるのに時間がかかっていては間に合わないこともあるでしょう。

 

しかし、現在では急な出費でも簡単にお金を借りることができるサービスが金融機関の間では当たり前になっています。
申込から審査を経て、実際に融資金を受け取る時間は最短で1時間程度。
申込を行ったその日に融資を受けることのできる「即日融資」のサービスが定着しています。

 

これまでは融資を申し込んでから審査結果が回答されるまで、数日間を必要としていました。
「はたして自分は審査に合格できるのだろうか?」
「待ったあげく不合格となったらどうしよう!!」
このような不安を抱えながら過ごす期間は、心身的にもつらいものがあります。

 

しかし現在ではこのようなことはありません。
審査結果がすぐに回答されますので、万が一不合格となった場合の対処にも余裕を持つことができます。
次の手をすぐに打てるということで、自分の生活にもゆとりを持つことができるでしょう。

 

「即日融資」を可能にしている要因はいくつかありますが、21世紀に入ってからのインターネットの急速な普及が大きく貢献していると考えられます。
審査に必要な情報をインターネットを利用してすぐに入手できる他、金融機関が保有する情報もインターネット網で共有されており、すみやかな審査に活用することが可能になっています。

 

申込を行う側でも、インターネットの利用は欠かすことができないものになっています。
「融資をどこで申し込もうか?」
「金利や借入金額の条件はどのようになっているのだろうか?」
様々な情報をインターネットを利用して入手することができ、得た情報を速やかに比較・検討することができます。

 

申込手続きもインターネットから行うことができ、審査結果もメールなどで受け取ることが可能です。
「融資申込=店頭で担当者と話しながらの手続き」という常識は、今や常識ではなくなっているといえるかもしれません。
各社のホームページ上では、必要項目を入力するだけでおおまかな審査結果が回答される「簡易審査」のシステムも整っていますので、安心して利用することができるようになっています。

 

もちろんすべての場合で「即日融資」が可能となるわけではありません。
利用者の状況、商品の違い、審査の進捗状況により、どうしても時間がかかることもあるでしょう。


このページの先頭へ戻る